教養講座

大和田良先生と紐解く日本写真史
9/24(木)夜 オンライン開催

国内の写真史を眺めてみると、薩摩藩によるダゲレオタイプの輸入から現在に至るまで、日本は世界の潮流を吸収しつつ独自の解釈と思考によって写真文化を育んできたことが分かります。
30年代の欧州新興写真の伝来や60年代のコンポラ写真の流行など、世界の写真史との繋がりを踏まえつつ日本の写真家たちの感性と情熱を紐解いてみると、より深く日本写真の歩みを眺めることができるでしょう。
写真家の視点から見た表現の変遷についてご紹介します。

本講座はMicrosoft Teamsを利用したオンライン会議形式での開催となります。

講師大和田良

大和田 良(おおわだりょう):1978年仙台市生まれ。東京工芸大学芸術学部写真学科卒業、同大学院メディアアート専攻修了。
2005年、スイスエリゼ美術館による「ReGeneration. 50 Photographers ofTomorrow」に選出され、以降国内外で作品を多数発表。
2011年日本写真協会新人賞受賞。著書に『prism』(青幻舎)、『叢本草』(kesa publishing)、『写真を紡ぐキーワード123』(インプレス)等。東京工芸大学芸術学部非常勤講師。
リコーフォトアカデミー講師。

講師からのメッセージ

写真史を知識や教養としてではなく、表現のヒントとして学んでみると、実に刺激的で実践的な教科書となることが分かります。
歴史を紐解くことで、現代における新たな写真表現の可能性について是非一緒に考えてみましょう。

この講座で学べる事

・様々な写真家と写真表現
・写真メディアの特徴
・写真表現の変遷

対象とする方のレベル

全ての方

開催概要

会場 当講座はMicrosoft Teamsを利用したオンライン会議形式での開催となります。
日程 9/24(木)
19:00~20:30
定員/最少催行人員 無し / 最少催行人員 無し
受講料 ファミリークラブ会員:0円/一般:0円(税込)
* ファミリークラブ会員とは、ペンタックスリコーファミリークラブプレミアムメンバー・クラブメンバーおよび家族会員を指します。
カメラ・その他持ち物 ■当講座はMicrosoft Teamsを利用したオンライン会議形式での開催となります。参加に必要な環境は以下の通りです。
・パソコン スマートフォン iPhone のいずれか
・パソコンはブラウザでの参加が可能です。
(Internet Explorer 11/Microsoft Edge/最新バージョンChrome/最新バージョンFirefox)
・スマートフォン/iPhone については「Teams」アプリのインストールが必要です。(無料)
・インターネット接続環境 ※授業中常時接続しますのでWi-Fi環境があることが理想です。

※ハードウェアの必要要件の詳細は以下をご確認ください。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/hardware-requirements-for-the-teams-app
お申し込み 「お申し込み」ボタンをクリックしてお申し込みください。
※お申し込みは開催日の2日前までとなります。
問合せ先 リコーイメージングスクエア東京
TEL 0570-006371
営業時間 10:30~18:30
休館日:火・水定休および弊社休業日
規約

・キャンセルについて
受講をキャンセルされる場合には必ず事前にご連絡をお願いいたします。

・受講料について
お支払いいただいた受講料は、開催日の前日15:00(前日が休業日の場合にはその直前の営業日)までにご連絡をいただい場合、及び弊社都合により開催を中止した場合以外はご返金致しかねます。

・最少催行人員について
各講座には最少催行人員を設定しております。最少催行人員未達によりやむを得ず開講を中止する場合には開講日に1週間前までを目安にご連絡をいたします。

・複数回講座の欠席について
複数回で完結する講座について、一部日程の欠席に対する欠席分のご返金や代替授業の対応はございません。

フォトアカデミーTOPへ

ページトップへ