教養講座

新しいストリートスナップ
タカザワケンジ先生
2/17(木)夜 オンライン開催

ストリートスナップとは路上で速写(スナップ)すること。撮る側が介入することなく、目にした光景を撮影する行為です。

肖像権という言葉が定着するとともに、路上で人にカメラを向けることはマナー違反だという考え方が一般化しました。

ストリートスナップはこれからどうなるのでしょうか。

写真作家たちが挑戦する「現代のストリートスナップ」を紹介するとともに、これからのストリートスナップを展望します。

本講座はMicrosoft Teamsを利用したオンライン会議形式での開催となります。

講師タカザワケンジ

写真評論家。
1968年群馬県生まれ。
早稲田大学第一文学部卒。会社員を経て、97年からフリー。新聞・雑誌に評論、インタビューを寄稿。
『Study of PHOTO -名作が生まれるとき』(ビー・エヌ・エヌ新社)日本語版監修。金村修との共著『挑発する写真史』(平凡社)。
写真集の構成・解説に渡辺兼人写真集『既視の街』(東京綜合写真専門学校出版局、AG+ Gallery)、石田省三郎写真集『Radiation Buscape』(IG Photo Gallery)ほか。
東京造形大学、東京綜合写真専門学校、東京ビジュアルアーツほかで非常勤講師。
IG Photo Galleryディレクター。
リコーフォトアカデミー講師

講師からのメッセージ

写真作品の歴史を振り返ると、路上で撮影された名作写真が山のように存在します。それらのほとんどは非演出、非介入の「ありのまま」の光景を写したものです。

しかし、最近、写真撮影を趣味にしている人たちから、ストリートスナップが撮りづらくなった、という声をよく聞きます。撮影される側に立ってみれば、無断で撮られることを不快に思うのは当然かもしれません。しかも現代では撮影された=ネットでシェアされる危険性があり、不快では済まない場合さえありえます。

では、ストリートスナップを撮ること、作品として発表することはもはや許されないことなのでしょうか。

この講座では上記のような問いを念頭に置きつつ、新しいストリートスナップ表現を模索する作家たちの作品を紹介します。
ストリートスナップのこれまでとこれからについて考える講座です。

この講座で学べる事

・ストリートスナップの歴史を振り返る
・ストリートスナップの「価値」とは
・ストリートスナップが「撮りづらくなった」のはなぜか
・時代とともに変化するストリートスナップ
・ストリートスナップという方法を疑う写真作品
・ストリートスナップのこれから

対象とする方のレベル

全ての方

開催概要

会場 本講座はMicrosoft Teamsを利用したオンライン会議形式での開催となります。
日程 2/17(木)
19:30~21:30
定員/最少催行人員 無し / 最少催行人員 無し
受講料 ファミリークラブ会員:0円/一般:0円(税込)
* ファミリークラブ会員とは、ペンタックスリコーファミリークラブプレミアムメンバー・クラブメンバーおよび家族会員を指します。
カメラ・その他持ち物 ■本講座はMicrosoft Teamsを利用したオンライン会議形式での開催となります。参加に必要な環境は以下の通りです。
・パソコン スマートフォン iPhone のいずれか
・パソコンはブラウザでの参加が可能です。
(Internet Explorer 11/Microsoft Edge/最新バージョンChrome/最新バージョンFirefox)
・スマートフォン/iPhone については「Teams」アプリのインストールが必要です。(無料)
・インターネット接続環境 ※授業中常時接続しますのでWi-Fi環境があることが理想です。

※ハードウェアの必要要件の詳細は以下をご確認ください。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/hardware-requirements-for-the-teams-app

※お客様の視聴環境が原因で視聴できなかった場合の代替実施等の対応は予定しておりません。あらかじめご了承ください。
お申し込み 「お申し込み」ボタンをクリックしてお申し込みください。

  • ・お申し込みは開催日の2日前までとなります。
  • ・お申込みにはリコーイメージングフォトIDへの登録(無料)が必要になります。
  • ・リコーイメージングスクエア東京/大阪いずれかのメールアドレスから受講案内が届きます。受信が出来る用に設定をお願いいたします。※メールアドレスは申込ページに進むと記載があります。 なお、お申込み後に弊社リコーイメージングストアより以下の件名で3通のメールが届きます。

    ・ご注文を承りました(申込直後に送信されます)
    ・ご注文を確定しました(送信までに時間差があります)
    ・本日出荷されました(送信までに時間差があります)

    これらのメールはストアのシステムより自動で送信されるもので、講座のご案内ではありません。受講案内は上記に記載のメールアドレスより、以下の件名で届きますのでご確認の上、受講日まで保管いただけますようお願いいたします。

    【リコーフォトアカデミー】「講座名称 日付・・・」

    お申込みから1日以上経過しても上記の受講案内メールが届かない場合にはお問い合わせください。
  • ・オンライン講座の開催直前にお送りする最終案内には諸注意を記載したPDFファイルを添付しています。携帯電話のキャリアメール等では設定によって受信できない可能がありますのでご注意ください。
問合せ先 リコーイメージングスクエア東京
TEL 0570-006371(ナビダイヤル)
営業時間 10:30~18:00
休館日:火・水定休および弊社休業日
規約

・キャンセルについて
受講をキャンセルされる場合には必ず事前にご連絡をお願いいたします。

・受講料について
お支払いいただいた受講料は、開催日の前日15:00(前日が休業日の場合にはその直前の営業日)までにご連絡をいただい場合、及び弊社都合により開催を中止した場合以外はご返金致しかねます。

・最少催行人員について
各講座には最少催行人員を設定しております。最少催行人員未達によりやむを得ず開講を中止する場合には開講日に1週間前までを目安にご連絡をいたします。

・複数回講座の欠席について
複数回で完結する講座について、一部日程の欠席に対する欠席分のご返金や代替授業の対応はございません。

フォトアカデミーTOPへ

ページトップへ